「アジア人は痩せてる?」炭水化物で本当に太るの?

  • GYM

こんにちは

パーソナルトレーナー岡田です。

ふと思ったんですが、アジア人って欧米の方と比べたらめちゃ痩せてません?食事は「お米」を中心に「炭水化物」が多いのに、そこまで極端に太っている人はいませんよね?
今日はそんな「アジア人が痩せている理由」を食事の面から少しご紹介したいと思います!

今まで、当ブログでは「炭水化物は太る物」だとお伝えしてきました。しかし、それにはもう少し細かい理由があります。

ブログ画像

実は太る本当の原因は「炭水化物」ではなく、そのなかの『糖分』だったんです(°_°) / 次の図を見てください。日本や中国の方が緑色の「炭水化物」を多くとっているのに対し、アメリカやイギリスは赤の「糖分」をたくさんとっています。

ブログ画像

つまり最も太るものは「より生成された糖分」
例えば「砂糖」などの純粋な糖分だったんですね。

今日のまとめ:「肥満の本当の正体は”砂糖”」
砂糖は「糖分」以外のものを除いた「純粋な糖分」です。
これらの入っている「ケーキ」や「甘いお菓子」「ジュース」などは特に砂糖が多く入っているので、気をつけてみてくださいね!

ブログ画像



トレーニングのご予約はこちらから!
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000552391/





HP:https://www.01新大阪.com
Instagram:@01.shinosaka
Twitter:@01_shinosaka
Facebook:Body make-up studio01 Shin-osaka
各種SNSやホームページで情報発信しております!合わせてご確認ください。



#新大阪 #ジム #パーソナルジム #パーソナルトレーニング 
#加圧ジム #加圧トレーニング #ボディメイク #ダイエット 



関連記事

  1. ホルモンバランスでダイエット。「レプチンの秘密」

  2. カロリーのウソ ブロッコリーでも太るダイエット理論

  3. 「コルチゾール」ストレスホルモンは肥満ホルモン?!

  4. なぜ「お金持ち」ってやせているの?

  5. アメリカ先住民族も「肥満」に悩んでる!?

  6. 来てもらう方を笑顔にするパーソナルジム。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP