コルチゾール ストレスホルモンは肥満ホルモン?!

  • GYM

こんにちは

広報担当の黒田です。

ストレスの多い現代社会。実はそのストレスと肥満には驚くべき関係性があることがわかりました。今日はそんな肥満に関わるストレスのお話をお届けしたいと思います!

インスリンと並んで「太りやすいホルモン」があります。それが「コルチゾール」と呼ばれるものです。このコルチゾール、「ストレスホルモン」とも呼ばれ生物が強い恐怖などをかんじたときに出るようになっています。

そしてコルチゾールによってグルコース(糖分)がたくさん作られ、筋肉のエネルギーになるのです。これは野生の動物が天敵から逃げるときにカラダ中のエネルギーを一気に出して「火事場のばか力」として使う仕組みなんです。

ブログ画像

でもこのコルチゾール、あくまでも「一時的」にしか使えません。これが長期的に出続けるとヒトはいつか死んじゃうんです (°_°) / しかもグルコースがたくさん出るので、インスリンが働いて結局太っちゃう!
ストレスホルモンは「肥満ホルモン」なんです…

ブログ画像

今日のまとめ:「太らず健康にいるためにも、ストレスは減らしていこう!」
なかなかお仕事をしていると難しいことかもしれませんが、自分の心の調子にも少し注意して過ごしてみてくださいね!






トレーニングのご予約はこちらから!
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000552391/





HP:https://www.01新大阪.com
Instagram:@01.shinosaka
Twitter:@01_shinosaka
Facebook:Body make-up studio01 Shin-osaka
各種SNSやホームページで情報発信しております!合わせてご確認ください。



#新大阪 #ジム #パーソナルジム #パーソナルトレーニング 
#加圧ジム #加圧トレーニング #ボディメイク #ダイエット 



関連記事

  1. 甘くてカロリーゼロが「脳の食欲」をあげる

  2. ☆リバンドしやすい人の特徴3つ☆

  3. 食事制限も関係なく「インスリン」で太っちゃう!

  4. カロリーのうそ!「コメを食うな、肉を食え」

  5. お客様紹介!トレーニングで健康に痩せられます。

  6. 何が肥満のはじまり?「太るきっかけ」とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP