太る理由「ホルモンの抵抗性」が起きるわけとは?

  • GYM

こんにちは

広報担当の黒田です。

いつも、ダイエットには「ホルモン」が大きく関わっているとお伝えしています。特にその「糖分を脂肪に変えて貯めるホルモン」が効きにくくなる「インスリン抵抗性」が肥満の原因と言われています。今日はその抵抗性が「なんで起きてしまうのか?」をご紹介したいと思います。

この「抵抗性」ですが、わかりやすいイメージがあります。例えば「赤ちゃん」が「たくさん人のいる空港のロビー」で寝ているとします。「うるさい環境」に「抵抗性」を持つことで、「気にしなくなる」ので寝続けられるんです。つまり抵抗性とは「慣れること」なんですね。

ホルモンも同じで、甘いものを食べるとたくさんカラダにホルモンが分泌されます。でもそのホルモンに「慣れること」で逆に体調が崩れないようにしているんですね。でもこの「ホルモンの抵抗性」が出てくると、結局カラダのコントロールがしにくくなって、肥満になりやすくなります。

ブログ画像

なぜこの「抵抗性」が出てしまうのか?というと、1.強い刺激(甘いもの)が2.絶えず続く(食べ続ける)から、カラダはそれに「慣れてしまう」んですね。こうして太りやすい体質ができてしまいます。

今日のまとめ:「甘いものをいつも食べる習慣を見直そう!」
毎日、何度も繰り返し間食をすることで、「抵抗性」ができてしまいます。太りやすい体質を作らないためにも、たまには間食を減らしたり、甘いものを控えることで「やせる体質」を作りましょう!






トレーニングのご予約はこちらから!
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000552391/





HP:https://www.01新大阪.com
Instagram:@01.shinosaka
Twitter:@01_shinosaka
Facebook:Body make-up studio01 Shin-osaka
各種SNSやホームページで情報発信しております!合わせてご確認ください。



#新大阪 #ジム #パーソナルジム #パーソナルトレーニング 
#加圧ジム #加圧トレーニング #ボディメイク #ダイエット 



関連記事

  1. 太らないためにいちばん大事なこと。

  2. お肉がつく不思議。秘密は「肝臓」と「時間」!?

  3. トレーニング前後に摂る栄養補給についての解説!

  4. 最強の食べ合わせ「糖分と食物繊維」を一緒に食べよう

  5. 当店自慢の人工芝で開放的なトレーニングを!

  6. 「睡眠不足」はダイエットの天敵!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP