肥満を引き起こす「ホルモンの抵抗性」

  • GYM

こんにちは

広報担当の黒田です。

「抵抗性」という言葉をよく使っています。でもなんだかこれ、よくわからないですよね?そこで今回はこの「抵抗性」についてご紹介したいと思います。ダイエットをする上で、とても大事なキーワードなのでぜひ参考にしてみてください!

さて、実は「脳」が体重を設定をしていることを知っているでしょうか?何を食べても、カラダはその「設定」に合わせて体重をキープしようとします。その時に関わるのがこの「抵抗性」なんです!正式にはインスリンというホルモンの抵抗性なので「インスリン抵抗性」ともいいます。

ブログ画像

この「抵抗性」とは、糖分を食べたときに血糖値を下げるためのホルモンがたくさん出ますが、その状態にカラダが「慣れてしまうこと」をいいます。つまり抵抗性が起きてしまうと、甘いものを食べた時に血糖値が下がりにくくなり、太りやすくなるんですね。

そしてこの「抵抗性」は、カラダの色々な部分(脳や肝臓、筋肉など)で起きるのですが、それが脳に起きた場合は、脳みそで決めている体重の設定をどんどん上げていってしまうんです(°_°) /
だからこの「抵抗性」は肥満に大きく関わるんです。

今日のまとめ:「ホルモンの抵抗性に気をつけて、脳の体重設定を上げないようにしよう!」
甘いものをたくさん、いつも摂り続けるていると、この抵抗性が出やすくなってしまいます。
おやつなどの「間食の時間」をあけることから初めてみてください!






トレーニングのご予約はこちらから!
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000552391/





HP:https://www.01新大阪.com
Instagram:@01.shinosaka
Twitter:@01_shinosaka
Facebook:Body make-up studio01 Shin-osaka
各種SNSやホームページで情報発信しております!合わせてご確認ください。



#新大阪 #ジム #パーソナルジム #パーソナルトレーニング 
#加圧ジム #加圧トレーニング #ボディメイク #ダイエット 



関連記事

  1. 満腹感が抜群!!「乳製品」のススメ

  2. 「中からキレイ」デトックスで美容効果!

  3. なぜ「お金持ち」ってやせているの?

  4. 肥満の原因は「インスリン」だった!!

  5. 「アジア人は痩せてる?」炭水化物で本当に太るの?

  6. アメリカ先住民族も「肥満」に悩んでる!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP